-ロシアの教室から-

「モスクワの大学生から」 (モスクワ市立大学 大政美南教師)
2020年2月14日

そもそもロシアに具体的なイメージが湧かない、という方も多いのではないでしょうか。
ましてや、ロシアの大学生活に触れる機会も少なく、そのイメージは難しいでしょう。
今回は、ロシアの大学生活をご紹介し、日本語を専門的に学んでいる学生からの声をご紹介いたします。

外国語学部のキャンパス
今回ご紹介するのは、モスクワ市立大学の外国語学部の学生生活です。
モスクワは年々拡大し続ける、非常に大きい街ですが、外国語学部のキャンパスは、クレムリンから2キロほどの中心部にあります。
大学の周りには、コーヒースタンドやおしゃれなカフェも多く、授業の後にカフェで友だちと過ごしている学生も多くいます。
モスクワ以外の街からも多くの学生が来ています。彼らは下宿したり、一人暮らししたり、ルームシェアしたり、寮で暮らしたりなど様々です。田舎から出てきて、最初は大都会の生活に戸惑ったけれど、今は楽しいと話す学生もいます。

ここまでは、日本の大学生活とも似ていて、親近感を覚えるのではないでしょうか。
ここからは、私がロシアに来て驚いたことをご紹介します。
まず、現在日本語専攻の1年生は100名ほどいるのですが、10数名ずつの8グループに分かれています。
このグループは基本的に卒業するまで変わりません。つまり、4年間苦楽を共にすることになるのです。
また、日本の大学では好きな授業を選択する場合が多いですが、ロシアでは大学側が指定した時間割がある場合が多いです。
成績が悪いと退学の危機ですので、教師に積極的にアドバイスを求めますし、勉強の努力も惜しみません。
本当に寝る間を惜しんで、休みの日も宿題に精を出しています。そんな彼らの生の声をお伝えします。
(以下の回答はモスクワ市立大学 外国語学部 通訳翻訳専攻の1年生24名に協力してもらいました。)

通訳翻訳専攻の1年生

Q1. ロシアはどんな国ですか。(複数回答可)

 

まず、ロシアはどんな国か聞いてみました。やはり「大きい」という言葉が出てきました。学生の回答はロシアへの愛に満ちており、ロシアの美しさ、芸術性の高さ、人々の魅力を感じていることが分かりました。
自分の軸となる言語、文化への誇りを感じました。

Q2. モスクワはどんな街ですか。(複数回答可)

次に、彼らが学ぶモスクワ市はどんな所か聞いてみました。最も多い回答は「にぎやか」でした。確かに、私も住んでいて東京と変わらないくらいにぎやかだなあと感じることもあります。一方で、学生も回答しているように、歴史的で美しい建造物や世界的な美術館、博物館もあり、芸術的な街でもあります。そういったモダンな面と歴史的な面が共存するモスクワを面白いと感じる学生も多いようです。

Q3. 日本はどんな国だと思いますか。(複数回答可)


では、日本へのイメージはどうでしょうか。ほとんどの学生は日本へ行ったことがありません。

一番のイメージは、人が魅力的であることのようです。外面的な要素にももちろん惹かれるようですが、学生にとっては、内面的な要素により興味を惹かれるようです。学生は毎日日本について学んでいます。
ステレオタイプ的なイメージから抜け出し、自分なりの日本像を形成している様子が窺えます。

Q4. どうして日本語を勉強していますか。(複数回答可)


最後に、なぜ日本語を勉強しているのか聞いてみました。アニメ・漫画がきっかけの学生はやはり多いですが、そこから日本語自体の美しさ、難しさに惹かれて勉強している学生が多いようです。文化が好き、という学生もサブカルチャーだけでなく、日本の幅広い文化に興味がある学生がほとんどです。こうした探究心や動機が日本語学習を促進し、高いレベルの日本語力を身に付ける要因になっているのかもしれません。

Q5. 日本人にメッセージをどうぞ!


モスクワ市立大学の学生から、日本の皆さんに日本語でメッセージを募りました。今、モスクワで日本語を学ぶ大学生の生の声です。

わたしは本当に日本に行きたいです。
今は日本語を勉強します。でも、これは大変です。日本人と話したいし、日本語が上手になりたいから、あなたにメッセージを書きます。
こんにちは。元気ですか。日本語はとてもおもしろいです。でも時々むずかしいです。私は日本語をかんぺきに話したい!
今、日本語を勉強します。これはとてもおもしろくて、ちょっとむずかしいです。でも、日本語が大好きです。
私は日本語を勉強しています。何を勉強していますか。何が好きですか。私はフィギュアスケートが好きです。あなたに会いたい。モスクワと日本で会いたい。ありがとう。
いつか日本に行きたい。日本語はとてもきれいです。
ロシアに来てください!友だちになりましょう!
ロシアもきれいな国です。寒さを怖がらないでください。
ぜひロシアにきてください!そして、ロシアの文化とロシア人をこわがらないでください。
こんな言語と文法をありがとう。
日本の文化と歴史とでんとうはとてもおもしろいです。ロシアに来てください。ロシアもたくさんおもしろくて、きれいなところがあります。
日本はすごい国です。日本文化が大好きです。でも、ロシアもすごいです。あなたはここでたくさん新しい物を見ます。文化はきれいです。でも、時々、文化はさびしいです。私は日本の文化とロシアの文化が大好きです。

いかがでしたか。ちょっとロシアの大学生を身近に感じたのではないでしょうか。以上のコメントは、ほぼ原文通りです。日本語の勉強を始めて半年も経っていない1年生ががんばって書きました。日本とロシアへの愛があふれるコメントばかりでした。彼らが、日露両方を愛し、思いやり、未来の懸け橋となってくれることを願ってやみません。

モスクワの所在地

Whatsapp

All right reserved, Copyright(C)
 Japan Russia youth Exchange Center 2000-.