-お知らせ-
-News-

【日露青年交流事業】第18回国際フェスティバル≪モスクワは友人を迎える≫オンライン交流を実施しました。

ウラジーミル・スピヴァコフ国際慈善基金主催第18回国際フェスティバル≪モスクワは友人を迎える≫オンラインコンサートに、愛媛県宇和島南中等教育学校邦楽部と早稲田摂陵高等学校吹奏楽ウインドバンド(大阪府茨木市)の二団体が参加しました。躍動感のある日本の伝統音楽と活気溢れるマーチングバンドの演奏で、フェスティバルに花を添えました。

同フェスティバルは2004年より開催されており、2021年第18回フェスティバルは「命を守る」をテーマに、新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、医療の最前線で患者さんの命を守るために治療に尽力されている医療従事者の皆様への感謝の気持ちを胸に抱き、5月18日から6月1日まで、ロシア全土および世界37か国から、500人を超える才能豊かな青少年がモスクワ市内の会場やオンラインのコンサートに参加しています。

愛媛県宇和島南中等教育学校邦楽部(筝曲「風の舞」作曲:江戸信吾)



早稲田摂陵高等学校吹奏楽ウインドバンド(「くるみ割り人形」作曲:P.チャイコフスキー)



共催団体:ウラジーミル・スピヴァコフ国際慈善基金(ロシア語)

フォトギャラリー

















Whatsapp

All right reserved, Copyright(C)
 Japan Russia youth Exchange Center 2000-.