-訪日プログラム-
-Programs of Visiting Japan-

福島リャザン・オンライン学生交流

2020年10月26日、本年の日露青年交流事業オンライン交流プログラムの一環として、福島リャザン・オンライン学生交流を実施しました。



福島県玉川村とリャザン国立大学とは、長年交流を続けており、日露青年交流事業の枠内でも招聘・派遣プログラムを実施した経験があります。
今年の夏にも、玉川村とリャザンとの間で交流事業が成立する可能性があったのですが、COVID-19のために実施不可能となったため、それを補う形で、まず8月に福島リャザン・オンライン武道交流が実施され、次にこの福島リャザン・オンライン学生交流が実施される運びとなりました。

今回のオンライン学生交流には、日本側からは福島県玉川村立玉川中学校の3年生を中心に約70名、ロシア側からはリャザン国立大学で日本語を学ぶ学生を中心に約30名が参加しました。
交流会では、玉川中学校の生徒代表たちが玉川村と玉川中学校の紹介、リャザン国立大学の学生代表たちがリャザン市とリャザン国立大学の紹介を行い、また、お互いにクイズを出題しあったりもしました。
交流の最後には、玉川中学校の3年生が全員で、同校の校歌を斉唱しました。

直接の交流事業が実施できない中、日露の青年たちは、オンラインで交流することによって、普段は得られない刺激を受けることができました。





オススメ記事

Whatsapp

All right reserved, Copyright(C)
 Japan Russia youth Exchange Center 2000-.