日露青年招聘・派遣事業

サハリン青年招聘

(1999年8月9日〜9月1日)

「私の日本像」というテーマの作文公募により選ばれた18〜29歳のサハリン青年30名が、極東大学函館校において日本についての講義を2週間受けた後、富士山麓西湖湖畔における日本人青年との合同キャンプ、京都旅行など全3週間に及ぶ充実したプログラムを体験、日本に対する新たな知識と見開を得ました。


民族衣装を着て、お祭りに参加。



函館滞在中、何度か紹介されました。(8月17日付北海道新聞)

サハリンの研修生が民泊
互いの文化に話し弾む

日露青年交流センター(本部・東京)の研修プログラムに参加しているロシア・サハリン州の若者三十人が十五日から十六日にかけ、函館市内の一般家庭に宿泊し、日本の家庭の雰囲気を味わった。ロシアの若者たちは十五日午後、ロシア極東国立総合大学函館校でホストファミリーと対面し、それぞれの滞在先に向かった。

四家族合同のバーベキューパーティーでは日本語、ロシア語、英語が乱れ飛んだ。新聞社勤務のレチャギア・アンナさん(26)は二歳の息子の写真を見せ、同世代のホストファミリーに「どうして結婚しないの」と率直な質問。身振り手振りを交えながら日本とロシアの文化について話が弾んだ。

研修生は二十四日まで同函館校で日本の歴史や経済などについて学ぶほか、二十二日には市文化・スポーツ振興財団主催の第四回ざいだんフェスティバルに参加。午前中の舞台で歌や踊りを披露する。



8月19日付函館新聞コラムいかぽっぽ

日本文化に「スパシーバ」

○…日露青年交流事業の一環としてロシア・サハリンから招へいされ、11日から函館に滞在している研修生30人が18日午後、西高校の作法室で茶道を体験した。正座やお辞儀など初めての作法に戸惑いながら、日本の伝統文化に触れた。

○…同校茶道部講師の鈴木宗勇さん(江戸千家茶道教授)が、茶道の心得や歴史、手順などを説明し、同校茶道部員が浴衣姿でお手前を披露。研修生はおぼつかないながらも手を畳につけてお辞儀し、最後は日本語で「結構でございます」。お手前を実際に体験したり、様子をビデオカメラに収めるなど、茶道に興味津々だった。

○…ミヒナ・マリヤさん(24)=ユジノサハリンスク市保健局職員=は「映画や雑誌などで見たことはあったが、実際に体験できてうれしい」と大満足の様子。一行は17日に華道も体験しており20日には書道も経験。すっかり”日本通”になりそう?



8月19日付函館新聞

アンナさんも興味津々です

外務省が進める日露青年交流事業「サハリン青年招へい函館プログラム」に参加しているロシア・サハリンの研修生30人が19日午後、本社を訪れ、新聞制作の工程を見学した。

ロシア語研修のため函館に滞在中の富山商船高等専門学校の学生5人も同行した。

研修生のプログラムには、日本の歴史や文学、経済など講義のほか、企業見学も盛り込まれており、本社のほか北海道乳業、カール・レイモン函館などにも足を運んだ。一行は報道部、整理部、制作画像部で記事のレイアウトや印刷の前処理などの工程を見学。その後、印刷工場に移り、稼働中の輪転機を見て、カメラに収めたり、質問するなどした。

研修生の中でひと際、熱心に見学していたのがサハリンの新聞社に勤務するレチャギナ・アンナさん(26)。記者の原稿をパソコンに入力するオペレーターとして勤務しており、日本では記者本人が入力するという説明に驚いた様子。「近代化のレベルが違う。ロシアでは印刷は別の会社が行っているので、印刷工場と隣接しているのが気に入りました」と話していた。