日露青年招聘・派遣事業

日露青年交流事業「新潟・ウラジオストク姉妹都市提携20周年記念」
アニメ・マンガ文化団ウラジオストク派遣プログラム
7月15日~19日


ウラジオストク市・新潟市姉妹都市提携20周年記念イベントの一つとして、学校法人新潟総合学院日本アニメ・マンガ専門学校の代表団4名を、日露青年交流事業グループとしてウラジオストク市に派遣しました。


●主な日程

7/15  結団式・新潟出発

7/16  オケアンで交流会・体験

7/17  シャマラ海岸でのイベントでマンガ体験

7/18  ウラジオストク国立経済サービス大学の副学長との面会、市内視察

7/19  新潟着


●オケアン全ロシア青少年センターでの交流・体験

10~17歳の優秀な子供達がロシア中から集まって団体生活を送る施設で、マンガ教室及びB1作品パネル展示を実施しました。Gペンの使い方、ベタぬり、スクリーントーンの使い方を中心にしたワークショップは、好評だったため時間を延長しました。そのあとオケアンの学生によるコンサートを鑑賞しました。


オケアンにて大歓迎を受ける訪問団

日本アニメ・マンガ専門学校
学生作品展示



マンガワークショップの様子

参加者のみなさんと



●シャマラ海岸でのイベントに参加

ボディーアート、ダンスショーやゲーム大会、凧揚げ合戦、コスプレショーなど様々なイベントが行われたなか、小中高校生くらいの年代の皆さんにマンガ・アニメのワークショップを実施。約50人が参加しました。


海の神ポセイドンから歓迎を受ける

ボディーアート

日本アニメ・マンガ専門学校学生作品展示



ワークショップにはコスプレショーの出演者も参加

突然、調理実習でロシアの
スープを作ることに


●ウラジオストク国立経済サービス大学訪問

マンガやアニメ、キャラクターなどの分野の学科設置に興味を持つ大学関係者に面会し、これからの交流について話し合いました。

初めてのロシアでしたが、明るく積極的なウラジオストクの人たちと交流の機会を持つことができ、有意義な訪問になりました。



無題ドキュメント