日露青年招聘・派遣事業

平成23年度日露青年交流事業短期招聘プログラム
「対日友好団体若手代表者グループ」
9月29日-10月6日


ロシアでは、全土に約60の露日協会支部があり、相互理解、交流につながる活動を積極的に行っています。また茶道、生花、武道、囲碁など、ありとあらゆるサークルがあります。ポップカルチャーも人気を不動のものとしています。

今回のプログラムでは、9都市から19名を招聘しました。意見交換の場では各々がその活動について発表しました。また各訪問先で普段見る機会のない市民の生活や地域の伝統を知る機会を持つことができました。

●主な日程

9月29日      代表団来日

9月30日      日本側対露友好団体との意見交換会

10月 1日      東久留米市訪問(東京都)

10月 2-3日    愛媛県訪問

10月 4日      京都視察

10月 5日      東京視察

10月 6日      帰国


≪日本側対露友好団体との意見交換会≫

9月30日-国際文化会館にて

ロシア側は14団体、日本側からは5団体の代表者の方々が活動報告を行いました。


≪東久留米市訪問≫

10月1日

独自で地道な活動を続けている東久留米市日露交流協会の協力を得て、東久留米市を訪問しました。「平成の名水百選」にも選ばれた清流「落合川」を散策し、休日を楽しむ市民と交流し、多聞寺を見学しました。その後柳窪地区に残る築170年の豪農の家「顧想園」で茶道を体験しました。地元の皆さんの協力で、3軒のお宅を訪問し、日本人の日常生活を垣間見ることができました。

多聞寺での昼食

落合川で魚釣りを楽しむ家族との交流

顧想園での茶会


顧想園での茶会

一般家庭訪問

一般家庭訪問



夜の懇親会では、活発に意見交換をし、東久留米に古くから伝わる柳窪囃子連の皆さんの演奏のお返しに、全員でロシア民謡を合唱しました。

      

      東久留米市日露交流協会番場会長のご挨拶 

東久留米市馬場市長のご挨拶 



柳窪囃子

柳窪囃子

ロシア民謡を合唱



≪愛媛県訪問≫

愛媛県では、坊っちゃん劇場で日露戦争松山捕虜収容所を舞台としたミュージカル「誓いのコイン」を鑑賞し、感動も冷めやらぬうちに、地元住民の手により守られているロシア人捕虜の墓地を参拝しました。墓地保存会の皆さんに詳しい説明を受けました。地元住民の皆さんの温かい気持ちを知りました。

「誓いのコイン」の俳優さんたちと

墓地保存会京口会長の説明を聞く

ボイスマン大佐の墓に献花


翌日は松山城を見学した後、中村時広愛媛県知事に表敬しました。

しまなみ海道を経由し、瀬戸内海の美しい自然を満喫した後、帰路につきました。



      

      中村県知事と記念撮影

しまなみ海道亀老山展望台で(愛媛県)


今回のプログラムでは沢山の素晴らしい出会いと発見がありました。ロシアに帰ってからも、今回の経験を生かし、日本文化の普及に努めてくれることでしょう。



無題ドキュメント