日露青年招聘・派遣事業

平成22年度短期招聘事業「日露国際ワークショップYoung Doctor Fellow」


東京ワークショップポスター

 新潟大学医学部は、平成5年から日露の医学部学生交流を始め、平成20年からはYoung Doctor Programとして、ロシア極東とシベリアの3医科大学(クラスノヤルスク医科大学、極東医科大学、ウラジオストク医科大学)と協力して毎年3名ずつの若いロシア人医師を受入れ、研修を実施してきました。今回は日露国際ワークショップ(JRIW2010)の開催に伴い、より多くの青年医師を受け入れたいとの要請があり、日露青年交流事業の一環としてYoung Doctor Fellowとしてロシア人青年医師団を招聘することになりました。


日露国際ワークショップは第54回国際科学技術センター(ISTC)
Japan Workshopとして新潟大学医学部、国立国際医療研究センター、日露医学医療交流財団が主体となり、感染症、医療対策、医学医療交流とネットワークをテーマとして東京、新潟それぞれ2日間ずつ開催されました。



ホームステイのホストファミリーと

ロシア全土から主要な医療機関の代表者が集まり発表・意見交換の場が設けられました。Young Doctor Fellowの参加者たちもそれぞれ日頃の研究の成果を発表しました。


 Young Doctor Fellowの参加者は、ワークショップ終了後新潟に滞在し、新潟大学医学部の各教室や病院等で研修を受けた他、日本語研修、ホームステイなどを体験し、若い日本人医師との交流も活発に行われました。


Young Doctor Fellow招聘者数

13名(国際ワークショップ参加ロシア人招聘者総数35名)

招聘者所属機関

クラスノヤルスク医科大学(クラスノヤルスク)

極東医科大学(ハバロフスク)

ウラジオストク医科大学(ウラジオストク)

Far Eastern Medical Center(ウラジオストク)

Institute for Natural Foci Infections(オムスク)

Institute of Chemical Biology and Fundamental Medicine SB RAS(ノヴォシビルスク)

招聘期間

平成22年5月27日(木)〜 6月12日(土)

主な日程

  5月27日 ウラジオストクからの参加者が到着
  5月28日 シベリア3都市とウラジオストクからの参加者が到着
  5月29日 −30日 日露国際ワークショップ東京(於:国立国際医療研究センター)
  6月 1日 −2日 日露国際ワークショップ新潟(於:新潟大学医学部有壬記念館)
  6月 3日 −4日 ワークショップでの発表に関する論文作成
  6月 7日 −10日 医学研修
  6月 1日 −12日 移動日


≪医学研修の様子≫




≪日露国際ワークショップの様子≫


 
無題ドキュメント