若手研究者等フェローシップ(2009)



前田しほ
2010年1月

ロシアでの長期滞在は2度目ですが、12年ぶり、しかもイルクーツクから首都モスクワへということで、まず「何でもある」ことに驚きました。そして、携帯やインターネットが普及していて、いつでも日本に電話できるし、いつでも日本語で情報を得ることができることに、まさに隔世の感を覚えました。今思えば、郵便局でたどたどしいロシア語で国際電話を申し込んだり、食料品や日用品を買うのに何度も行列に並んだ経験は、貴重なものです。そういえば、イルクーツク時代に、町に航空機が墜落して、日本では家族がとても心配したのに、そうとは知らずのんびり過ごし、後で猛烈に怒られたということもありました。

ただ、あまり変わっていない面もあります。それは食料品がおいしいということですそもそもロシア料理は香辛料をあまり使わず、素材の旨みをひきだすことに長けています。しかし、それができるのは、素材がいい場合に限ります(もちろんこれは町にあふれる「なんちゃって日本料理」レストランを除外しています。基本的に自炊生活ですので、この場合スーパーで買う食材に限定しての主張です。もうひとつ、レトルト食品も私の担当ではありません)。そしておいしい食料品は、なぜか安い。バター、スメタナ、ケフィールなど乳製品、豆(乾燥)、野菜、肉(ただし、モスクワの魚はやはり鮮度が不安)、どれをとっても、日本で買うより安いし、圧倒的においしい。なぜなのか。

そして同じ食材でも、例えば、ロシアのメーカーが作った安いほうがおいしい。

ここから先は推測ですが、ロシアでは添加物があまり浸透していないこと、人件費が安いことにその秘密があるのではないかと思います。つまり、外国から輸入されて日持ちのいい便利な添加物満載のスメタナと、昔ながらの素朴な製法で作られて、1週間ですっぱくなってしまうスメタナと、どっちを選ぶか、ということです。これは生き方の問題でもあります。すでにロシアでも、設備投資をして、人的整理をして、魔法の粉で作ったスメタナが大手をふるっていますが、庶民的なスーパーではまだまだ「ナチュラル」な食料品ががんばっています。 日本では、有機野菜も、伝統的な製法でつくられた昔ながらの食料品も、すっかり贅沢品となっていますが、ロシアでは庶民の味方なわけです。そして、私もロシアでは、ここぞとばかりに贅沢を楽しんでいるのでした。