日露青年招聘・派遣事業

平成21年度日露青年交流プログラム招聘事業
北九州-チェリャビンスク青年交流グループ
平成21年7月26日~8月4日



今回の招聘プログラムは、ロシア・チェリャビンスク州との交流を重ねてきた北九州市からの提案に基づき、日露青年交流事業として共催することになったものです。

北九州市産業経済局貿易振興課作成の報告に基づくレポートです。

1.概要


(1) 目的

ロシアの鉄鋼の街チェリャビンスク州と北九州市は、2005年から鉄鋼産業を中心に経済交流が進められ、また、2007年には公害克服の歴史を持つ北九州市が、現在、環境問題を抱えているチェリャビンスク州の廃棄物処理に関するグランドデザイン策定を支援した。

今回、このような経済交流、環境協力を背景として、事業に携わったチェリャビンスク州の青年を北九州市に招き、日露両国関係の将来を担う青年層の交流と相互理解の増進を図り、地域間交流をさらに活性化させることを目的とする。


(2) 参加者 (14名)

ロシア・チェリャビンスクより同市の鉱工業・環境分野関係者8名、若手経営者6名の計14名が参加。


2.実施報告


●7月26日(日)

チェリャビンスクからモスクワまで約3時間、モスクワから成田まで約10時間のフライトを経て来日。東京では到着後すぐに宿泊先ホテルの経営概要のアポに臨んだが、長旅の疲れも見せず、意欲的に質疑応答や視察を行った。

●7月27日(月)

外務省訪問では、日露青年交流事業をはじめとする日露関係や日露地域間交流に関するブリーフィングが行われた。

●7月28日(火)

羽田空港から北九州市へ移動。

夜は2007年からチェリャビンスク州を訪問した企業、自治体の関係者、また、同時期に市内日本語学校に短期研修に来ている同州の学生など総勢60名の歓迎レセプションを行なった。冒頭で、北九州市側の代表者からこれまでの両地域の経済交流、環境協力の経緯が話され、訪日団の代表のオフチンニコフ氏から歓迎に対する謝辞と両地域の交流を発展させたいとの話があった。アトラクションとして両地域の代表がそれぞれ歌を披露した。



歓迎レセプション

●7月29日(水)

北九州市市役所訪問北橋市長から両地域の経済交流の成果を、今後、いろいろな交流につなげていければ良いとの挨拶があった。代表団からは、北九州市に対する謝辞と今後の同市のあらゆる産業への協力、また、学生の交流、文化交流など進めていきたいとの話があった。プレゼンテーションでは、北九州市のアジアでの拠点性や重工業で発展したこと、公害克服の歴史があること、現在、ロボット産業や自動車産業で経済の活性化を進めていることなどを紹介した。

市長表敬

市の産業プレゼンテーション



日産自動車工場見学 産業ロボットが車体を溶接するところや、車体にシートを入れるところを興味深く見た。見学終了後は、工場についてのレクチャーを受けた。


日産自動車工場 視察

新門司工場(廃棄物処理場)視察 北九州市環境局の新門司工場(廃棄物処理施設)を見学した。この工場は、ガス化溶融炉を使って廃棄物を焼却して鉄とスラグに分けるシステムで、世界最先端のごみ焼却施設。焼却されたごみが炉から真っ赤な液状になって出てくるところを興味深く見学した。


新門司工場 視察

市若手職員との意見交換 北九州市の若手職員とそれぞれの街についての意見交換を行った。


●7月30日(木)

シャボン玉石けん工場見学 無添加石けんの製造現場を視察した。合成化学薬品や香料を使った洗剤が人体に害を与える話などを興味深く聞いた。特に、製造過程で石けんを舐めて味で出来具合を確認していることには驚かされた。


シャボン玉石けん工場 視察

安川電機工場見学 ロボットを用いた製造ラインの視察を行った。人間の関節のような動きをするロボットがさらに新しいロボットを製造する様子に驚いた。


安川電機工場 視察

西日本工業倶楽部 古式ゆかしい正統派日本家屋に、大変興味を持ったようで、木造建築についてひとしきり論議があった。また、この建物の歴史と北九州市の経済界の歴史についても学んだ。

茶道体験

日本家屋での洋食用テーブルセッティング


●7月31日(土)

エコタウン見学 北九州エコタウンを訪問して北九州の環境産業への取り組みについて勉強した。はじめにエコタウンセンターで、エコタウン事業の概要の説明を受け、その後、エコ商品の展示施設を見学し、蛍光管のリサイクル工場とペットボトルのリサイクル工場の視察をした。

エコタウンセンター

展示館でエコ製品等を視察


蛍光管リサイクル工場 視察

ペットボトルリサイクル工場 視察


千草ホテル及び関連結婚式場の見学とレクチャー 北九州市内のホテルでは大変珍しくなった女将より、サービスの話しを聞きながら、男尊女卑というイメージの強い日本社会で、昔からある女性の管理職としての「女将」には驚きを示した。日本女性ならではの細かい心配りを学んだ。結婚式場では、ショービジネスになっている日本の結婚事情に一同驚きを隠せない様子であったものの、興味津々でかなり活発に質問が出ていた。


結婚式場「海の見える迎賓館」見学

新日本製鉄八幡製鉄所 視察

新日本製鉄 八幡製鉄所工場見学 新日本製鉄八幡製鉄所を見学して、日本の高品質な製鉄技術についての説明を受けた。鉄鉱石の輸入、鉄鋼製品の輸出が行なわれている泊地、熱延工場を見学した。



●8月1日(日)

唐戸市場視察 山口県下関市へ高速連絡船で渡り(所要時間約5分)唐戸市場を視察した。新鮮な海産物の卸売市場で、新鮮な魚をさばいた寿司の試食ができるのに驚いた。また、レストラン経営者のグループは、うに、鯨、ふぐ等の食材に高い関心を示した。


唐戸市場 視察

習字体験 北九州市門司区の学童たちと習字教室を体験した。初めての習字体験で最初は緊張していたが、終わる頃には、「成功」、「家族」、「幸福」など思い思いの漢字を書いた。子供たちとも、お互いの国のことを発表し合い、ロシアは、冬が長くマイナス30度くらいになると発表したときは、子供から歓声があがっていた。


日本の子供たちと習字体験

わっしょい百万夏祭り 北九州で最大の夏祭りを見学した。ちょうちんの光、太鼓の音、人々の熱気と活力に感動させられた。


夏祭りの体験

●8月2日(日)

駄菓子博物館

日本文化体験を兼ねた別府温泉への道中、豊後高田昭和の町、安心院葡萄酒工房(あじむぶどうしゅこうぼう)、湯布院(金鱗湖)を訪れた。



●8月3日(月)

別府温泉 地獄めぐり

高崎山自然動物園見学



●8月4日(火)

早朝、福岡空港から成田空港を経由してロシアへ帰国。



【参加者の印象】

環境、ごみ処理、自動車産業、製鉄所、フードビジネスの実態などに触れることができ、また専門の他に多くの日本文化に触れられるプログラムが含まれており(子供との交流、茶道、日本庭園、温泉など)、満足を得ることができました。 日本とロシアの地域間関係の強化・発展を図る大変ユニークで価値あるプログラムで、このようなプログラムはロシアと日本の国際関係の強化に役立つでしょう。



無題ドキュメント