日露青年招聘・派遣事業

極東研究所グループ

(2001年10月29日〜11月5日)

今回のロシア科学アカデミー極東研究所グループは本年5月に引続いての第2弾、中国問題の権威であるチタレンコ同研究所所長を団長とする日本及び中国を専門とする若手研究者たちからなるグループです。外務省セミナー、北海道大学スラブ研究センターでの講演会を中心に、東京大学、東京外国語大学、ロシア極東国立総合大学函館校訪問、その他日本の学識者たちとの活発な意見交換を行うなど、アカデミニックなプログラムで充実した1週間でした。プログラムの合間を縫って、函館では温泉を、紅葉直前の京都では「冬の訪れ」をテーマに生花を体験しました。華道の先生からは「お手本にとらわれず個性的で大変結構です。」とのお褒めの言葉をいただきました。


都内視察

「ここをこうしたらもっと良くなりますよ。」



それぞれの作品を前に記念撮影