日露青年招聘・派遣事業

日本語履修学生

(2001年8月6日〜13日)

日本語履修学生グループの招聘は今回で3回目になります。モスクワ、サンクトペテルブルグ、ハバロフスク、ウラジオストク、ユジノサハリンスク等ロシア全土から大学で日本語を履修している18〜23歳の学生達61人が盛夏の日本を訪問しました。日本の大学生と富士山ハイキングで交流を深め、ホームビジットで日本の家庭を訪問し、京都西陣では着物の着付け体験をするなど盛りだくさんのプログラムでいっぱいの1週間を過ごし、日本の様々な思い出をお土産に帰国しました。行く先々で熱心に耳を傾け、生きた日本語を吸収し、日本語を学び続けることを約束してくれたたくさんの学生たちの笑顔が置き土産です。


西陣会館での着物着付け体験

車内でのスナップ



清水寺音羽の滝では長寿、良縁、学問の
いずれの水も飲んでみました。